2008年02月11日

1人の時間

上海旅行で買った花茶結婚して子供ができると、1人きりの時間というものはすごく貴重なものなのだとつくづく感じる。独身時代は1人でいるのが寂しくて辛いこともあったのに・・・。

しかし、この「貴重」という感覚は夫や子供がいてこそ生まれるものなのだ。賑やかな時間があるから静かな時間が大切に感じられ、その逆もまたしかり。時間の感じ方も相対的なものなのだ。家族あっての今の私、です。
posted by castilla at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。